The Sandwich House 55

スクリーンショット(2014-12-18 0.57.16)
10011873_888301891180868_1475833232978726262_o
10629277_888301591180898_7958940251438253015_o

The Sandwich House 55(サンドウィチ)ブランディング・VI

The Sandwich House 55 imgres
株式会社船場
エイジーマネジメント株式会社
Sadatomo Kawamura Design

ロゴマークは、当店のこだわりの一つでもあるサンドウィッチの伝統的な三角形カットをモチーフにしています。

■デザインへのこだわり
黒を貴重とした落ち着いた雰囲気の店舗デザインは、ヴィンテージ・無骨・重圧感をコンセプトに、ニューヨークの街角にあるカフェをイメージし、流行にこびずこだわりを貫く当店のコンセプトを体現しています。
お店で使われている家具や内装、メニューやカトラリーなどの細かいアイテムに至まで、ヴィンテージ素材の木材や金属、クラフト紙などを使用し、素材そのものの質感を活かしています。
10580918_863195657024825_3087797195228262176_o


この道40年のベテランシェフが作る55種類の本格サンドウィッチ専門店
今最も注目の場所、再開発の進む渋谷新南口から並木橋に向かう明治通り沿いに、本格サンドウィッチ専門店「The Sandwich House 55 (ザ サンドウィチ ハウス フィフティーファイブ)」がオープン致しました。
今から約45年前の1970年頃、高度成長期の日本にサンドウィッチブームが起こりました。当時、サンドウィッチ専門店の草分けと言われた店で活躍したメンバーが、リタイア後、満を持して今夏、渋谷で復活! フレンチのシェフも加わり、オープンまでの一年半、研究を重ね、かつてよりもグレードアップしたサンドウィッチを皆様にご提供いたします。
スクリーンショット(2014-12-18 1.28.15)

■ベテランシェフによる伝統の味
「自家製手創り」と、味や素材にこだわり抜いた「伝統的なスタイル」の本格サンドウィッチです。パンは全て「The Sandwich House 55」専用に焼き上げ、サンドウィッチの食材・ボリュームに合わせて6種類の異なったタイプのパンを使い分けています。
食材は厳選した肉に野菜、そして何より全て「手創り」にこだわり、シェフ自らローストビーフ・ローストチキンは店内で調理し、タルタル・カクテル・ハンバーグ等のソースも自家製オリジナルでご提供しております。メニューは、55種類の豊富なバリエーション。驚きのラインナップで新しい発見と感動をご提供致します。

■オープンキッチンによるライブ感
オープンキッチンの為、ベテランシェフの華麗な手さばきと熱気をお楽しみ頂けます。
注文を受けてから作るバイオーダースタイル。いつも出来立てのフレッシュサンドウィッチをお楽しみ頂けます。
10636536_863195640358160_206497109175632629_o